投稿者「maelab_admin」のアーカイブ

2019 卒論テーマ

前真之研究室は、2030年・2040年を目指した住宅の未来を考える研究室です。現在の住宅性能を向上させるリフォーム普及とともに、将来必要になる太陽熱活用技術、BIMを活用した環境建築設計を研究テーマとしています。

前研 2019テーマ紹介

03/18 快適・省エネな簡易リフォーム発表会

居ながらにしてできる窓・床下の断熱強化と温水床暖房の組み合わせにより、ほどほどの暖房費で確実に快適・健康な家へのリフォームを目指します。本研究で作成した業者と施主のコミュニケーションを促進するコンテンツの案をご覧いただき、合わせてリフォーム予定者へのWEBアンケート結果などをご報告します。

↓以下に発表時の資料を公開しています。

戸建リフォーム研究

 

03/22 自立循環 パッシブミニシンポジウム

断熱と開口部日射取得による無暖房住宅をめざす、パッシブ設計のシンポジウムを開催します。様々な立場で本分野をリードする先生方にお越しいただき、断熱レベルやパッシブ設計を議論します。

3月開催「パッシブ設計 ミニ公開シンポジウム」(東京)開催のお知らせ(終了しました)

 

 

 

GH2FD | Grasshopper -to- FlowDesigner Workshop

On March 2018, Mae-lab and AKL (Advanced Knowledge Laboratory- the developer of FlowDesigner,) organized a workshop about Parametric design & CFD. AKL Invited Assitant Prof. Tanighchi and Mr. Gao (aka Kumo san) as keynote speakers and panelists.

The first section was a tutorial on using the GH2FD, a tool that connects Grasshopper 3D to FlowDesigner. Mr. Gao, a Ph.D. student in Mae-lab and the developer of GH2FD gave a lecture about the basics of Grasshopper 3D and GH2FD. In the first part, basic ideas of the parametric design was introduced. Following the introduction, participators built a GH model of an office building, which was transferred into FlowDesigner. In the third part of the workshop, the outputs form FD were retrieved back and visualized in GH.

Comparing the various openings scenarios in the Grasshopper platform

The second session was a presentation by Mr. Yamato, from Maeda corporation. Mr. Yamato shared his practice expertise on using parametric analysis and simulations in projects. He concluded by raising the current obstacles as well as his prospect on the CFD-parametrization topic.

The Final parts was a paneling session with Q&A opened to the audiences. Mr. Taniguchi, Mr. Gao, and Mr. Yamato were on the panel. Participates inquiries reflected their curiosity on further understanding more about the panelists’ experiences with parametric design and simulations in real projects and in their ongoing research alike.

リフォーム報告会(資料公開)

暮らし創造研究会の研究の一環として行っている戸建住宅のリフォームについて、2017年度の研究成果を報告させていただきます。

(映像は後ほどアップロード予定です)

資料のPDFをを以下にアップさせていただきます。

事業者ヒアリング・アンケート

リフォーム施主WEBアンケート

数値流体計算CFDによる室内温度予測

住まいの暖房計画 CFDデータ公開

エックスナレッジ ビルダーズ2017年02月号で、「心地よい住まいの暖房計画」について、外皮性能の違いによる暖房時の温度ムラについてビジュアルで表現しました。

ただこの時は隙間による漏気の差を考慮していなかったため、外皮性能の差が過少に評価されていました。今回、気密性能の違いも考慮して再計算を行ったため、だいぶ差がハッキリしました。

検討は、修士1年の中村遼君、修士2年の新冨凌汰君を中心に行ってもらいました。

FlowDesignerの設定条件および計算結果ファイルを以下にアップしました。

CFD設定条件に関するDropBoxリンク

ビュワーを使えば、FlowDesignerのライセンスがない方でもデータを自由にご覧いただけます。ぜひご覧ください。