谷口 景一朗(タニグチ ケイイチロウ)
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 特任助教(建築構成材デザイン工学寄付講座)
一級建築士

経歴
平成19年3月 東京大学工学部建築学科 卒業
平成21年3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 修士課程修了
平成21年4月 日建設計 入社
平成28年3月 日建設計 退職
平成28年4月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 特任助教(建築構成材デザイン工学寄付講座)

専門分野
建築環境工学、建築環境デザイン

所属学会
日本建築学会

主な設計プロジェクト
2013年 ラゾーナ川崎東芝ビル(オフィスビル)
2014年 BrownPlace(商業施設)
2016年 小学館ビル(オフィスビル)

主な受賞・出版・寄稿など
・グッドデザイン賞ベスト100(2012年、逃げ地図)
・JIA優秀建築選(2014年、ラゾーナ川崎東芝ビル)
・グッドデザイン賞(2014年、ラゾーナ川崎東芝ビル)
・日本建築学会作品選集(2015年、ラゾーナ川崎東芝ビル)

・エクスナレッジムック『最高の環境建築をつくる方法』(2013年、共著者:山梨知彦、伊香賀俊治ほか)

・INAX出版『10+1』2007年 no.49 バックミンスター・フラーの現代性
・建築資料研究所『住宅建築』2007年7月号 エネルギー制御装置としての『箱の家』
・エー・アンド・ユー『a+u 建築と都市』2012年8月臨時増刊号 ボランティア部の活動:避難 地形 時間 地図 -縮退時代における都市の記述法(ノーテーション)へ
・日本建築学会『建築雑誌』2013年4月号 環境で勝つ-建築設計の新ステージ

LinkIcon谷口景一朗 Facebook

LinkIcon谷口景一朗 Twitter