前真之(まえ まさゆき)  昭和50年生まれ 広島県出身

現職:東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 准教授

専門分野:建築環境工学
研究テーマ:住宅のエネルギー消費全般
特に省エネ基準における給湯・コジェネ設備の実態に即した1次エネ評価手法の開発に関わる
現在は、省エネで快適性の高い住宅に向けた要素技術と設計手法の開発に取り組んでいる

経歴:
1998年03月  東京大学工学部建築学科卒業
2000年03月  東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了
2003年03月  東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了
学位:博士(工学)(東京大学、2003)
学位論文:「集合住宅における消費エネルギーの住戸差および日・季節変動要因に関する研究」
2003年04月  日本学術振興会特別研究員として建築研究所に勤務
2004年04月  独立行政法人建築研究所 研究員
2004年10月  東京大学大学院 東京電力寄付講座 客員助教授
2008年04月  現職
委員会等:
国土交通省 建築物省エネ法・社会資本整備審議会小委員会 委員
国土交通省 社会資本整備審議会建築分科会 委員
建築環境・省エネルギー機構 設備込評価WG 給湯コジェネSWG 主査
他多数

所属学会:
日本建築学会、空気調和・衛生工学会、日本太陽エネルギー学会

↓顔写真が必要な場合は、以下をクリックして拡大してください。