開口部から日射熱を取り込み、躯体で蓄熱・放熱を行うことで、シンプルに暖房負荷を低減する技術を研究します。

本研究はYKKAP・インテグラル社・日本潜熱蓄熱建材協会と実施しています。

発表論文

実験棟における冬季の床下吸放熱特性の評価 空気式太陽熱集熱を利用した住宅のシステム性能改善に関する研究 その1

許容時間率を用いたダイレクトゲイン太陽熱暖房住宅評価法に関する研究

壁体熱特性測定装置を用いた部位の吸放熱特性の評価法の提案   −壁体構成を考慮した潜熱蓄熱建材の蓄熱性能の比較 その1−

潜熱蓄熱材の熱特性の測定法および熱的挙動の計算法に関する研究 パラフィンを対象とした見かけの比熱・熱伝導率の測定および非定常熱伝導計算による相変化挙動の再現 その1

日射制御部材と潜熱蓄熱建材を活用したパッシブソーラーハウスに関する研究 波長特性を考慮した日射分配と仕上げ材の熱抵抗によるPCM 蓄熱性能の検討 その1

波長特性を考慮した日射制御と潜熱蓄熱材によるダイレクトゲイン手法に関する研究

その1 床・天井併用蓄熱による効率的な蓄熱方式の検討

その2 温熱環境向上と暖房負荷削減効果の検討

その3 効率的な吸放熱を行う建材仕様の検討

その4 実測とシミュレーションによる暖房負荷削減効果とオーバーヒート抑制効果の検討